沖縄での移動手段は、タクシーやゆいレール、路線バスなどがありますが、家族旅行となるとレンタカーが便利です。

沖縄ならではの交通ルールや道路事情も多いです。普段は車を運転しないペーパードライバーの方も、レンタカーで運転したりしてますので注意が必要です。

沖縄のドライブを楽しむための注意点をまとめましたので、一緒に予習していきましょう。

レンタカー送迎車&営業所が混んでいる

レンタカー待ちの人

予約したレンタカーを借りるには、国内線到着ロビーを出て横断歩道を渡った待機スペースに向かいます。

各レンタカー会社の送迎バスでレンタカーを借りる手続きのために営業所に向かいます。ハイシーズンは、1時間待ちというのは普通にあります。

長い待ち時間を回避するため、空港から遠い営業所を狙って予約をするのをオススメします。

空港から営業所まで近くても、待ち時間に時間をとられてしまうと、目的地までの出発時間が遅くなるのはもったいないですよね。

那覇市内に泊まる方なら、Tギャラリア沖縄by DFSなどの市内の営業所で借りる方法もあります。

LCCターミナル到着の方は、送迎車の乗り入れが許可されたレンタカー会社(★がついてます。)を利用すれば国内線ターミナルに移動する時間が省けます。

ほかには、空港リムジンバスでリゾートホテルに直行してホテルに配車という方法もあります。

Tギャラリア by DFS内に営業所があるレンタカー会社
ニッポンレンタカー★
トヨタレンタカー★
日産レンタカー
オリックスレンタカー★
OTSレンタカー★

レンタカー返却に時間がかかる

ガソリン満タン

旅行シーズンなど混雑期には、返却手続きに時間をとられ飛行機に乗り遅れたなんてブログのネタくらいにしかなりません。空港への送迎車も、人数が多ければ乗れなかったりします。

バスの順番がきたのに家族がトイレで並んでいる。返却時のガソリンの給油が混雑している。

いろいろな要素がありますので、飛行機の出発時間にトラブルがあっても間に合うくらいの余裕をもって返却しましょう。レンタカーの返却時間は2時間前であれば、大丈夫だと思います。

私は必ずガソリンの満タン返し不要プランで申し込むようにしています。

指定の返却場所に返さない、乗り捨てOKの便利な制度のレンタカーもあるので検討してみてください。

沖縄市内は観光客が多いので渋滞が普通

渋滞

国際通りやひめゆり通り、国道58号・330号、那覇新都心エリアはいつも渋滞しています。観光客ばかりで道や駐車場がわからない方が大半です。

心構えを十分にして、焦らずに運転してください。事故を起こすとせっかくの旅行が被害者・加害者の双方が台無しになってしまいます。国際通りは駐車場に空きが少ないので少し歩いてもいいか・・・という気持ちが楽しむポイントです。

バス専用レーンに注意

歩行者天国

平日の朝夕ラッシュ時の交通規制で、一番左側の1車線がバス・タクシー専用になり、一般車両は通行が禁止です。国道58号や国際通りは1車線しかないので、この時間帯は実質通行止めとなります。

国際通りの一部分は日曜日の12時~18時の間は通行止めになりますので注意してください。

中央線が移動する

 

ラッシュ時の渋滞緩和のため、一定時間センターラインを動かす区間があります。

県道29号の松川三叉路~安里十字路間や国道507号~国道303号国場~旭町間です。

専用信号機がありますので、しっかりと確認して走行車線に注意してください。

路上駐車はしない

レッカー移動

那覇エリアは、特に路上駐車に厳しいです。たとえ短時間でもパーキングの利用をオススメします。

渋滞の原因にもなりますし、レッカー移動が頻繁に行われています。

やんばるエリアは動物に注意

View this post on Instagram

 

メカピンキーさん(@mechapinky)がシェアした投稿 -

沖縄北部のやんばるエリアのドライブは、ヤンバルクイナなどの希少動物の横断に気を付けてください。

特に5月・6月はエサを求めて活発になっています。

台風と滞在が重なってしまったら

台風

沖縄旅行の期間中に台風に遭遇してしまったら、外出は絶対にしないようにしてください。沖縄の台風はかなりの威力があり、強風でハンドルをとられたり横転する可能性が高いです。高速道路は暴風警報がでると通行止めになります。

レンタカーの予約、オプションの確認

夏休みやゴールデンウイーク、年末年始はかなり混みあうため、早めの予約をオススメします。

好みの車種や禁煙車、チャイルドシート、カーナビ、ETC等条件に合ったものを予約するには、かなり早めの行動が大事になります。

旅行会社のパッケージツアーにレンタカー付のものもありますので確認を忘れないようにしましょう。

<<コチラからレンタカー付が予約できます>>  

おすすめの記事